とりあえず、深呼吸

家具工房ディープブレスの日常。

2016年の終わりに。

おかげさまで、今年も良く働きました。

出会えたお客様に感謝です。

f:id:deep_breath:20161231195810j:plain

昨年からの大きな仕事を終えた2月、ミもココロも疲れ果て、辿り着いたら冬のオホーツク…

流氷ノロッコ号のラストランに乗車、ここは網走番外地

f:id:deep_breath:20161231161918j:plain

穏やかな春が過ぎ、夏には、親指を失いかけるアクシデント?

一瞬の油断が、一生を変えてしまうことを痛感!

f:id:deep_breath:20161231204456j:plain再びミもココロも疲れ果て、辿り着いたら初秋のオホーツク。

斜里岳頂上からの絶景かな。

f:id:deep_breath:20161231210328j:plain

旅を終え、15年以上お世話になっている高崎の「餃子村」へ。

変わらない味に舌鼓を打つと、マスターから突然、暖簾を下ろす旨の知らせがあり

ア然…

その退き際の潔さに、職人としての生き方を教えて頂きました。

f:id:deep_breath:20161231164005j:plain

f:id:deep_breath:20161231164020j:plain

ここで北の大地を目指したいところですが、自分史上、最も地道な仕事に挑むことになりました。

それは、とある新築現場にて1尺5寸(約45cm)角の大黒柱(高さ約8m)の割れた木肌を、割れたカタチに同じ木を削りつけて埋める作業。

全く終わりは見えないけど、一歩一歩、山を登る感覚に似ています。

来春まで続く予感…

f:id:deep_breath:20161231211940j:plain

他にも新たなプロジェクトが始動!

伊東屋珈琲さんのご協力で、毎年ディスプレイされるクリスマスツリーを、展示終了後譲って頂き、ウチの工房周辺に植樹させて頂く「ツリーの森プロジェクト」。

f:id:deep_breath:20161231212720j:plain 

 始めの一歩。

始めることが肝心。

 

そんな2016年がもうすぐ終わります。

 

来年も良く働き、良い旅が出来ますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

WORK DESK

東京都・H様の机が出来ました。

f:id:deep_breath:20161026062759j:plain

板材の木取り。

家具の製作は、いつもここから始まります。

f:id:deep_breath:20161026063027j:plain

枘組(ホゾグミ)のため、角ノミで穴をあけます。

枘と枘穴のキツさ具合は、季節や接合する箇所によってビミョーに調整します。

f:id:deep_breath:20161026063421j:plain

脚を組立て。

f:id:deep_breath:20161026064033j:plain

f:id:deep_breath:20161026064516j:plain

続いて天板の加工。

木目を見て板の裏表を決め、並びを決めます。

板の並びで、家具の表情が大きく違ってしまうので、ここは慎重に。

 

f:id:deep_breath:20161026064944j:plain

脚の組立ての後、引出しのセット完了。

f:id:deep_breath:20161026065323j:plain

f:id:deep_breath:20161026065431j:plain

仕上サンダーで研磨の後、各パーツにオイルを塗ったら最終仕上。

f:id:deep_breath:20161026065618j:plain

f:id:deep_breath:20161026065643j:plain

天板の動きを無理矢理止めないためのコマ。

この小さな部材たちが、実は家具の寿命を永く保つ秘策なのです!

f:id:deep_breath:20161026070143j:plain

H様ご希望の配線スリット。

f:id:deep_breath:20161026070657j:plain

f:id:deep_breath:20161026070729j:plain

ウォルナットの、凛とした木目にココロ奪われた人は…幸せ者ですね。

 

デスクをオーダーメイド出来るところを随分探し回ったというH様。

縁あって当店に辿り着いて頂いた事は、とても嬉しい出来事でした。

今回は、お客様が遠方にお住まいという事もあり、はじめにお会いした以降、打合せはメールでのやり取りのみでした。

納品日まで、さぞかしヤキモキされた事でしょう。

お届けの際、「期待以上です!」と仰って頂けた事が何よりのご褒美です。

製作途中、常にお客様の顔が浮かびます。手抜きなど出来ません。

ボクは元来ナマケモノですから、もしもお客様の顔が見えなかったらズルイ家具屋になっていた事でしょう…

まぁ、そんな家具なんて誰からも求められないでしょうが。

これからも、「顔の見える仕事」を心がけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナル・キッチン

昨年秋にお話を頂いてから約一年、桐生市・T様邸のキッチン改装完了です!

f:id:deep_breath:20161018073632j:plain

「白」をテーマカラーに、日本の古民家を移築されたお住まいにもピッタリなフレンチモダンを取り入れたデザインです。

f:id:deep_breath:20161018074440j:plain

内窓と、同じ仕様のレンジフード。

勾配天井に合わせて、ようやくフレーム完成の後、ガラスを割る痛恨のミス!?

…血の気が引いた瞬間でした?

 

f:id:deep_breath:20161018080152j:plain

壁のタイルは、移築時にご家族で貼られたそうです。

キッチン天板も雰囲気を合わせて25mm角タイルです。

f:id:deep_breath:20161018081255j:plain

シンクは、耐久性・取扱い易さを考慮して人造大理石に。

水栓は浄水器付きです。

f:id:deep_breath:20161018081351j:plain

ビルトインではない、「ガス台」が逆に新鮮です。

f:id:deep_breath:20161018081733j:plain

面材、建具共に木製・塗装仕上げ。

経年変化も楽しみです。

f:id:deep_breath:20161018081633j:plain

所謂「リノベーション」には、新築とは違った知識や経験が必要となります。

今回の工事に携わって頂いた皆さんは、そのどちらも兼ね備えた、頼もしいツワモノでした。

また、長期に渡る工期にも辛抱強くお待ち頂いた施主様に感謝です!

 

一般的なシステムキッチンと、オーダーメイド・キッチンと、価格や機能面だけではないところでも御一考頂けたら幸いです。

 

 

 

 

ブログ、始めました。

こんにちは。

群馬県伊勢崎市の「家具工房ディープブレス」です。

特注家具製作、住宅・店舗の内装など「創るコト」を生業としております。

「deep breath」は家具となった木が、その置かれた環境に合わせてゆっくりと呼吸(伸縮)を続ける様に、家具を使う人が"深呼吸"をしたくなる空間創りをしたい!という想いから、2000年・秋に誕生しました。

 

 以来、"オーダーメイド"という選択肢がもっと当たり前になる事を願い続け、創り続けております。

 

「 木の家具と暮らしてみたい!」そんな時はご一報下さい。

f:id:deep_breath:20161011153204j:plain