読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、深呼吸

家具工房ディープブレスの日常。

WORK DESK

東京都・H様の机が出来ました。

f:id:deep_breath:20161026062759j:plain

板材の木取り。

家具の製作は、いつもここから始まります。

f:id:deep_breath:20161026063027j:plain

枘組(ホゾグミ)のため、角ノミで穴をあけます。

枘と枘穴のキツさ具合は、季節や接合する箇所によってビミョーに調整します。

f:id:deep_breath:20161026063421j:plain

脚を組立て。

f:id:deep_breath:20161026064033j:plain

f:id:deep_breath:20161026064516j:plain

続いて天板の加工。

木目を見て板の裏表を決め、並びを決めます。

板の並びで、家具の表情が大きく違ってしまうので、ここは慎重に。

 

f:id:deep_breath:20161026064944j:plain

脚の組立ての後、引出しのセット完了。

f:id:deep_breath:20161026065323j:plain

f:id:deep_breath:20161026065431j:plain

仕上サンダーで研磨の後、各パーツにオイルを塗ったら最終仕上。

f:id:deep_breath:20161026065618j:plain

f:id:deep_breath:20161026065643j:plain

天板の動きを無理矢理止めないためのコマ。

この小さな部材たちが、実は家具の寿命を永く保つ秘策なのです!

f:id:deep_breath:20161026070143j:plain

H様ご希望の配線スリット。

f:id:deep_breath:20161026070657j:plain

f:id:deep_breath:20161026070729j:plain

ウォルナットの、凛とした木目にココロ奪われた人は…幸せ者ですね。

 

デスクをオーダーメイド出来るところを随分探し回ったというH様。

縁あって当店に辿り着いて頂いた事は、とても嬉しい出来事でした。

今回は、お客様が遠方にお住まいという事もあり、はじめにお会いした以降、打合せはメールでのやり取りのみでした。

納品日まで、さぞかしヤキモキされた事でしょう。

お届けの際、「期待以上です!」と仰って頂けた事が何よりのご褒美です。

製作途中、常にお客様の顔が浮かびます。手抜きなど出来ません。

ボクは元来ナマケモノですから、もしもお客様の顔が見えなかったらズルイ家具屋になっていた事でしょう…

まぁ、そんな家具なんて誰からも求められないでしょうが。

これからも、「顔の見える仕事」を心がけます。